新着情報

日本政策金融公庫の融資に失敗したら? 創業時の融資を専門家に依頼した方がよい7つの理由

  目次 ・日本政策公庫の融資に失敗したとき ・最初から専門家に依頼した方がよい7つの理由 ・創業融資の相談はどういった専門家が良いか? ・まとめ   日本政策公庫の融資に失敗したとき 当事務所でも、一度ご自身で日本政策金融公庫へ申込(窓口申込)をされて否決(融資失敗)された直後に相談に来られる方もいます。 ただ、「公庫へ申込み→否決」とな
続きを読む >>

【保存版】知らないとやばい!?日本政策金融公庫への融資が自力で通る人と通らない人の違い

創業するかなりの方が日本政策金融公庫(国民生活事業)からの資金調達を考えているのではないでしょうか? その日本政策金融公庫への申込方法として、   ①ご自身で窓口に直接融資を申し込む方法 ②商工会、認定支援機関などの専門家経由で申し込む方法   の大きくわけて2つあります。 そして日本政策金融公庫は、銀行等の他の金融機関と違い、何の紹介も付き合いもない
続きを読む >>

日本政策金融公庫以外での1.05%の低利創業貸付制度!

  日本政策金融公庫の創業貸付の現状 日本政策金融公庫の新創業融資制度の基準利率は2.51%になります。(令和元年5月7日現在) ※上記は若者、シニア、女性などの優遇金利の適用前です。 ほんの2~3年前だと、2%あるかどうかの利率でしたので、この数年で結構上がりました。 少し前に、同じ政府系金融機関の商工中金で不適切融資などの問題もあったせいか、あまりにも低利での貸付けは民
続きを読む >>

日本政策金融公庫は延滞に厳しい!?

融資返済の延滞 日本政策金融公庫に限ったことではないですが、金融機関全般として既存借入の返済に対する延滞については厳しい見方をします。(当然だと思いますが) 延滞しているということは ・資金繰りが既に厳しくなっている ・他の支払いも既に遅れている可能性が高い ・代表者の性格がルーズ という見方につながります。 中には、単に「残高振替を忘れた」というような単純ミスもありますが、理由
続きを読む >>

創業計画書を作る上で重要なポイントと考え方

創業計画書は何のために? 日本政策金融公庫の様式だと「創業計画書」、他の金融機関や保証協会では「事業計画書」と名称が変わりますが本質的には一緒です。 やはり、創業計画書は必ず作成するものなので、 「融資の通る創業計画書の書き方を教えて欲しい」 という創業の方からのご相談が多いです。 そのようなご要望から、創業計画書の書き方については他のコラムでご紹介しています。 ※参考 日本政策
続きを読む >>

日本政策金融公庫の消極的な融資分野

  日本政策金融公庫(国民生活事業)の融資は事業性融資 日本政策金融公庫の国民生活事業の融資は、種類としては「事業性融資」になります。 そもそもの日本政策金融公庫の融資の趣旨として、「事業に融資する」というものがあります。 その趣旨から、民間金融機関があまり積極的とは言えない創業の方への融資も積極的に行います。 逆に「事業」ではなく「投資」に類する分野への融資については消極
続きを読む >>

日本政策金融公庫の創業計画書~事業の見通し編~

  事業の見通しとは? 創業計画書は創業の方(税務申告を2期していない方)が日本政策金融公庫に融資を申し込む際に作成するものです。 ちなみに、税務申告を2期以上されている方だと別の様式になり、この事業の見通しという作成欄はありません。 つまり、日本政策金融公庫に融資を申し込む場合に、事業の見通しが必要になるのは「創業」の場合だけになります。 税務申告を2期以上行っていれば、
続きを読む >>

日本政策金融公庫の創業計画書~必要な資金と調達方法編~

創業計画書とは? 創業の方(税務申告を2期していない方)が日本政策金融公庫に融資を申し込む際に必ず作成するものが創業計画書になります。 創業計画書の中には様々な項目があります。 その中で創業される方が苦労される箇所の一つに「必要な資金と調達方法」という欄があります。 今回はその欄の意味や注意点・作成のポイントなどを簡単にお伝えしたいと思います。 ※ご参考
続きを読む >>

預金残高はどれくらいあれば良いか?

  資金繰りと融資   社長(経営者)の不安の中で特に大きいものが「資金」に関する不安です。 会社が創業期であれば、なかなか売上(利益)が上がらず、経費ばかりかかり資金が減ることが多いでしょう。 創業期を過ぎたとしても、売上が増えれば資金が楽になるかと思って必死にやっても、 運転資金あるいは先行投資が必要な業種であれば、結局先立つ資金が増え、ますます
続きを読む >>

経営力向上計画の認定は日本政策金融公庫融資や信用保証協会の保証付融資で有利なのか?

経営力向上計画とは? 「経営力向上計画」は中小企業等経営強化法に基づいて支援を受けるために策定する計画になります。 具体的には、人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上、設備投資など、自社の経営力を向上するために実施する計画とされています。 重要なポイントは、「経営力向上計画を認定された事業者は、税制措置や金融支援等を受けることができる」というものです。 法人
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-70-3484 受付時間 9:00~19:00(土日祝も対応可) 無料相談の詳細はコチラ

創業資金調達サポートメニュー Founded Funding  Support Menu

  • 創業融資無料診断 融資のお悩み解決
  • 日本政策金融公庫融資サポート 人気No.1、オススメの融資!
  • 創業融資サポート好条件・低金利で資金調達!
  • 補助金サポート 着手金無料、完全成功報酬!
  • 助成金サポート 着手金無料、完全成功報酬!
  • 事業計画書作成サポート 銀行対策+事業の航海図に!

創業サポートメニュー Support Menu

  • 株式会社設立サポート 自分で設立するよりもお得!
  • 合同会社設立サポート 費用を抑えて会社を作れる!
  • 決算・法人税申告サポート 駆け込み・丸投げでもOK!
  • 法人化診断サポート 個人と法人はどちらがお得?
  • 許認可申請サポート 許認可申請もお任せ!
  • 記帳代行サポート 面倒な記帳は外注!
  • 税務調査サポート 税務署対応はお任せ!
  • 税務・経営顧問サポート 事業の頼れるパートナー!

クラウド会計にも対応しています!

ページ上部へ戻る