創業融資専門家コラム

会社設立後の社会保険加入について

会社設立時の義務の1つである社会保険への加入は法律によって定められており、 会社の規模や人数に関係なく加入しなければなりません。 個人事業主の場合には業種や従業員数によっては社会保険への加入は必須ではありませんが、法人の場合には必須です。 社長一人だからといって国民年金、国民健康保険のままというわけにはいきません。 未加入のまま運営を続けた場合、最大で過去2年間の保険料を徴収されることもあ
続きを読む >>

新型コロナウイルス感染症特別貸付【信用保証協会融資】史上初の無利子貸付!

コロナ特別貸付の概要 政府の閣議決定を受け、民間金融機関でも実質無利子という特別貸付の取り扱いを始めました。 先に日本政策金融公庫で行われているコロナ対応の無利子貸付と似た内容の融資制度になりますが、実質無利子の融資制度は保証協会融資としては初めてのことになります。 今回は、その違いと注意点などについて書いていきたいと思います。   日本政策金融公庫のコロナ貸付との違い
続きを読む >>

会社設立のメリット・デメリット② ~デメリット編~

前回は会社設立のメリットをご紹介しました。しかしながら、会社設立はメリットばかりではなく、デメリットも存在します。 そこで今回は、会社設立をした場合のデメリットについてご紹介します。 よく比較して、事業内容や自分にあった起業方法を考えることが大切です。 1. 会計面 会社設立に時間・コストがかかる 会社を設立するには、定款の作成・登記申請など個人事業主に比べて時間と費用がかかります。
続きを読む >>

会社設立のメリット・デメリット① ~メリット編~

会社を設立すれば、多くのメリットを受けられます。そこで、会社設立をした場合のメリットについてご紹介します。 よく比較して、事業内容や自分にあった起業方法を考えることが大切です。 1. 会計面 会社設立自体にお金はかかってしまいますが、 設立後は会計の面においてかなりのメリットがあります。 経費処理ができる範囲が広がる 法人の場合には、借入金の返済や固定資産の購入を除いて、支出はすべ
続きを読む >>

新型コロナウイルス感染症特別貸付【日本政策金融公庫】

コロナ特別貸付の概要 政府の閣議決定を受け、日本政策金融公庫では実質無利子という特別貸付の取り扱いを始めました。 これは新型コロナウイルスの影響により売上が急減している方に対し、運転資金が不足してしまう事で倒産等しないように、 資金を供給する緊急的な措置になります。 緊急的な特別貸付のため、通常の融資制度とはかなり違う内容になっています。 これからその内容についてご紹介したいと思いま
続きを読む >>

日本政策金融公庫の融資に失敗したら? 創業時の融資を専門家に依頼した方がよい7つの理由

  目次 ・日本政策公庫の融資に失敗したとき ・最初から専門家に依頼した方がよい7つの理由 ・創業融資の相談はどういった専門家が良いか? ・まとめ   日本政策公庫の融資に失敗したとき 当事務所でも、一度ご自身で日本政策金融公庫へ申込(窓口申込)をされて否決(融資失敗)された直後に相談に来られる方もいます。 ただ、「公庫へ申込み→否決」とな
続きを読む >>

【保存版】知らないとやばい!?日本政策金融公庫への融資が自力で通る人と通らない人の違い

創業するかなりの方が日本政策金融公庫(国民生活事業)からの資金調達を考えているのではないでしょうか? その日本政策金融公庫への申込方法として、   ①ご自身で窓口に直接融資を申し込む方法 ②商工会、認定支援機関などの専門家経由で申し込む方法   の大きくわけて2つあります。 そして日本政策金融公庫は、銀行等の他の金融機関と違い、何の紹介も付き合いもない
続きを読む >>

日本政策金融公庫以外での1.05%の低利創業貸付制度!

  日本政策金融公庫の創業貸付の現状 日本政策金融公庫の新創業融資制度の基準利率は2.51%になります。(令和元年5月7日現在) ※上記は若者、シニア、女性などの優遇金利の適用前です。 ほんの2~3年前だと、2%あるかどうかの利率でしたので、この数年で結構上がりました。 少し前に、同じ政府系金融機関の商工中金で不適切融資などの問題もあったせいか、あまりにも低利での貸付けは民
続きを読む >>

日本政策金融公庫は延滞に厳しい!?

融資返済の延滞 日本政策金融公庫に限ったことではないですが、金融機関全般として既存借入の返済に対する延滞については厳しい見方をします。(当然だと思いますが) 延滞しているということは ・資金繰りが既に厳しくなっている ・他の支払いも既に遅れている可能性が高い ・代表者の性格がルーズ という見方につながります。 中には、単に「残高振替を忘れた」というような単純ミスもありますが、理由
続きを読む >>

創業計画書を作る上で重要なポイントと考え方

創業計画書は何のために? 日本政策金融公庫の様式だと「創業計画書」、他の金融機関や保証協会では「事業計画書」と名称が変わりますが本質的には一緒です。 やはり、創業計画書は必ず作成するものなので、 「融資の通る創業計画書の書き方を教えて欲しい」 という創業の方からのご相談が多いです。 そのようなご要望から、創業計画書の書き方については他のコラムでご紹介しています。 ※参考 日本政策
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-70-3484 受付時間 9:00~19:00(土日祝も対応可) 無料相談の詳細はコチラ

創業資金調達サポートメニュー Founded Funding  Support Menu

  • 創業融資無料診断 融資のお悩み解決
  • 日本政策金融公庫融資サポート 人気No.1、オススメの融資!
  • 創業融資サポート好条件・低金利で資金調達!
  • 補助金サポート 着手金無料、完全成功報酬!
  • 助成金サポート 着手金無料、完全成功報酬!
  • 事業計画書作成サポート 銀行対策+事業の航海図に!

創業サポートメニュー Support Menu

  • 株式会社設立サポート 自分で設立するよりもお得!
  • 合同会社設立サポート 費用を抑えて会社を作れる!
  • 決算・法人税申告サポート 駆け込み・丸投げでもOK!
  • 法人化診断サポート 個人と法人はどちらがお得?
  • 許認可申請サポート 許認可申請もお任せ!
  • 記帳代行サポート 面倒な記帳は外注!
  • 税務調査サポート 税務署対応はお任せ!
  • 税務・経営顧問サポート 事業の頼れるパートナー!

クラウド会計にも対応しています!

ページ上部へ戻る